当院は2015年8月8日にオープンしたばかりの比較的新しいクリニックです。開業当初から患者さんとの温かい関係づくりを心掛けて、スタッフ一同診療にあたっています。
 その目的はおおむね達成されていると感じていますが、クリニックも、そこで働くスタッフも、さらに成長していく必要があり、様々なことに取り組み始めました。しかし、残念ながらマンパワー不足で、それらの取り組みを前に進めることができていません。より良いクリニックを目指すために、新たな力が必要となり、この春から人員を増やしております。


医療職のプロとして誇りを持ち、仕事に誠実、そして真摯であること

 当院は「医療職のプロとして誇りを持ち、仕事に誠実、そして真摯であること」そして「誰に対しても思いやりを持ち、感謝し、感謝される関係を作ること」をモットーに日々診療に取り組んでいます。
 とても当たり前のことですが、実際にできるか?と問われ、自信を持って「できます!」と即答できる人は、決して多くないと思います。ただ、それを常に意識して仕事に臨むことは、とても大切なことです。



耳鼻咽喉科のクリニックでの勤務経験はありませんでした

 私は以前、総合病院に勤務をしていましたが、今回引っ越しを機に当院に転職をしました。それまで耳鼻咽喉科のクリニックでの勤務経験はありませんでした。
 そのためイチからのスタートでしたが、日々スタッフの皆さんに仕事をひとつひとつ丁寧に教えていただいています。まだ不慣れなところはありますが、一通りの診察や検査、介助ができるようになりました。



 当院は業職に関係なく、スタッフ間の関係が良好なのでとても働きやすい環境だと強く感じています。また、院長先生は疾患に関して分からないことや診察の介助のポイントを分かりやすく教えてくれます。
 私自身、喉頭ファイバーの経験がありません。そのためどのような体位が患者さんにとって検査の負担が少なくなるのか、どういったタイミングで声かけをすればいいのか分かりませんでした。


 先輩スタッフが介助についている姿を見ながら、院長先生から検査の流れ、注意点等を教えてもらいました。
 実際に見ながら確認していくことでより理解を深めることができました。感染症が流行しやすくなる時期やアレルギー症状の患者さんが増える時期は大変忙しくなるようです。



忙しくても患者さん一人ひとりに丁寧に対応

 夏も日によって忙しさに違いはありますが、当院のスタッフは忙しくても患者さん一人ひとりに丁寧に対応し気遣いも忘れません。
 そのような姿はとても尊敬します。しかし、少ないスタッフでは患者さん一人ひとりにより丁寧に接するためには限界があります。少しでも当院に興味がありましたら、見学もできますので、ぜひ一度来院してみて下さい。


「ここで働いてみたい」と思ったあなた

ぜひご応募いただき、当院でその力を発揮してください。「興味はあるけど、実際どんな雰囲気で仕事をしているのだろう?」と思ったあなたは、ぜひ一度、見学に来てください。
 このクリニックがあなたの思っているようなクリニックかどうか、あなたの目で見て、感じてみてください。皆様のお問い合わせ、ご応募をお待ちしております。